2017年7月1日土曜日

2017年も残り半分

今日から7月。早いもので2017年も折り返し。この半年間は日本で世界で実に激動の事件、事故などのニュースに驚かされたことが多かった。世界中のテロはソフトターゲットに変化してきており、事前に察知することはますます困難になりつつある。

利害関係があるとどうしても争いは絶えない。人間は狩猟民族なのだろうか。本能的に戦いたいというものがあるのかもしれない。貧困の差が妬み恨みになり蓄積された思いが一気に爆発する。

実はこれは他国のことではなくここ日本でも直近にでも起こりえる危険性があると考えている。少子高齢化は今後加速度的に進む。若者たちが報われない社会にするのではなくしっかりと利益を享受し子供を安心して育てられる国にする必要があるのだ。

資本主義の悪いところは権力が有るところにいろなんものが集まるという点だ。社会主義がいいとも思わないが勝者、敗者がクッキリと分かれるため国民間で溝ができ軋轢が生まれる。今までの日本はその差はそうはなかった。

総中流社会と言われた時代もあったがみんなの意識が同じ方向を向いているときはまだ意識も高い状態となるが、差が開くと温度差も出てくる。この瞬間が国が最も不安定になる。アメリカにしてもイギリスにしても国民の多くがその不満を抱いていたため今の選挙結果となったのだろう。

物事を本当に多数決で決めていいのか?といろんなシーンで考えさせられる事も多くなった。日本でも小選挙区制が導入されて以来白黒はっきりついてしまうきらいがあるため危険性をはらんでいる。

日本人にはなぜか、「日本は大丈夫」となんの根拠もない不思議な安心感を持っているがこの先20年くらいが日本にとって激変の期間となるだろう。今が本当の正念場かもしれない。

2017年6月29日木曜日

当てにならないゲーム評論家たち。時代はヘビーユーザーでは無くライトユーザーの囲い込みだ

ニンテンドースイッチが発売17週で100万台を突破したという。

記憶に新しいのが、ニンテンドースイッチの前評判。専門家たちは口を揃えて「スペックは数年前のスマホ。スマホが好きな人はスマホを。ゲームを好きな人はもっとスペックの高いゲーム機を選ぶだろう。ライトユーザーの囲い込みに失敗するだろう」と言ったものだ。

それがどうか。国内で品薄状態が続いている中で100万台の突破は見事だ。

任天堂が目指すライトユーザーの取り込みは成功していると言っていいだろう。元々任天堂のターゲットとするユーザーはヘビーユーザーではないのだ。俺はゲーム機の詳しいことは分からないが、ライトユーザーの不満として、スマホのゲームは手軽でいいが、やっぱりコントローラーは欲しいな、ということなのかと思う。

AndroidやiPhoneでなぜ専用のコントローラー企画を決めないのか?これを実現したら間違い無く、任天堂やソニーは終わるだろう。それを気づかない事を切に願う。

任天堂が3月3日に発売した新型ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」が発売から17週で国内100万台を販売したことが28日、ファミ通の調べで明らかになった。現行の据え置きハードとしては最速での100万台突破となった。
<ニンテンドースイッチ>国内ミリオン突破 現行据え置き機では最速 (まんたんウェブ) - Yahoo!ニュース

iPhoneが今年で10年、革新性は薄れたのか?

10年前の生活を思い出して欲しい。当時でもすでに携帯電話は普及しており日本ではドコモのi-modeの独断場だった。そこにiPhoneが発表された時は日本人は「またおもちゃか」と半信半疑だった。

しかしソフトバンクの孫社長がただならぬ興味と熱意を持って日本での独占販売権を手にした。これで一気に様相は変わりドコモやauに解禁されるまでのソフトバンクの快進撃は改めて説明するほどでもないだろう。

そんな中、このようなニュースがあった。

 アイフォーンはスマホ市場に革命を巻き起こし、日本などで高いシェアを誇る。ただ、市場の成熟とともにアップルの優位は揺らぎ、消費者が期待する革新性は薄れている。
iPhone発売10年=薄れる革新、揺らぐ優位―日本で根強い人気 (時事通信) - Yahoo!ニュース
そんなに毎年のように革新的な商品群が生まれるわけは無く、メインの商品があればそれを軸に展開をするのは当然である。Appleは今はその時期であると判断しているのは明白である。

この期間にわざわざ冒険をする必要は無いのだ。当然、Appleだって分かっているわけで次の稼ぎ頭となるソリューションを開発すべく日々研究に明け暮れているだろう。

私を含め記者たちが思いついたように 書くとは比べものにならないほどの広さ、深さで物事を考え検討中のハズだ。10年後も大きく変わっていないならいよいよまずいが、今は特に心配はしていない。

2017年6月28日水曜日

ハローページは廃止して何の問題もない

逆に今まで存在していたことに驚く。個人情報保護法ができた後も存続していた理由が分からない。自分から個人情報を流出させてどうする。俺は掲載を開通の段階から断っているためハローページには一度も掲載されたことがないが、別にご近所さんの電話番号を知りたいというシーンもないしまったく使い道がない。

タウンページはネットを使えない人もいるだろうし、必要に応じ届ける方式にした方がいいだろう。タウンページはもっともっとネットに特化し地図連携をもっとシームレスにし利便性を上げる努力をしてもらいたい。

NTTは情報の宝庫なのにまったく生かし切れていない。国営企業としての怠慢さが未だに抜けきっていないのだろう。


 50音別の電話帳「ハローページ」の個人名編について、NTT東日本の井上福造副社長は27日、東京都内で開かれたNTT株主総会で、「利用実態も踏まえて、今後、廃止を含めた発行のあり方を検討していく」と述べた。
ハローページ個人名編、廃止含め検討…NTT東 (読売新聞) - Yahoo!ニュース

2017年6月27日火曜日

EUの罰金3,000億円の計算根拠はなんなのか?

EUが米Googleに対し独禁法違反で約3,000億円もの罰金を科したという。史上最大の罰金であることは言うまでは無いが、ここまでの罰金を科せられる根拠はなんなのだろうか?

EUといえどそこまでの力があるのか。小さな国の国家予算より大きな金額を一企業に科すEU。まったくもって納得がいかない。

出る杭は打たれるとは日本のことわざだが、万国共通なのだろうか。EUにはいっこくもは約根拠を提示してもらいたい。そうでなければEU圏では怖くて商売ができなくなってしまう。

 声明では「欧州委員会(European Commission)はグーグルに対し、EUの独占禁止法に違反したことで24億2000万ユーロ(約3040億円)の罰金を科した」と述べている。さらにグーグルが、世界最大の検索エンジンとしての市場優位性を乱用し、傘下のショッピングサービスに不正な利益を与えたとしている。
EU、独禁法違反でグーグルに過去最高額の罰金3000億円超 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース

東芝よ、誇りを持て

株式会社であるから株主利益を最終的に求めるのは仕方ない部分ではあるが、パートナーであるWDの意見をまったく無視する行動は理解できない。

日米韓連合の企業体は信頼できるのだろうか。経営陣は売却をただ急いでいるだけでは無いか。株主総会を前に決着したい思惑が見え見えだ。

今の経営陣は総退陣させ売却自体白紙撤回し自力で回復する道を見いだせないものか?もっと優秀な経営陣が現れることを期待したい。

東芝には今までの実績と功績を自ら崩すこともないだろう。と言いたい。東芝よ、誇りを持て。

 経営再建中の東芝は27日、半導体メモリー事業の売却契約に向けて、優先交渉先に選んだ官民ファンドの産業革新機構が主導する「日米韓連合」と大詰めの協議を続けた。一方、同連合への売却に反対する協業相手の米半導体大手ウエスタン・デジタル(WD)は26日、米ファンドと共同で自ら買収する案を提案、契約を急ぐ東芝に揺さぶりをかけた。東芝は28日の株主総会までの契約を目指していたが、同連合内には慎重意見もあり、間に合わない見通しとなった。  日米韓連合に参加しているのは、革新機構のほか政府系の日本政策投資銀行、米ファンドのベインキャピタル、韓国の半導体大手SKハイニックス。買収額は約2兆円で、革新機構と政投銀の日本勢が経営を主導する。SKハイニックスは、独占禁止法に抵触することを避けるために出資ではなく融資にとどめる。
<東芝半導体>売却契約の手続き難航 WDは新提案 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

2017年6月25日日曜日

長野県で震度5強の地震が発生

長野県で大きな地震が発生した。今回の地震は内陸部の浅い震源だったため津波や中部電力の原発は影響無しと現時点で発表されている。関西電力は稼働中の原発があるため確認中という。発生から30分が経過するのにまだ安全を確認できない原発とはいったい。

このように大きな地震が起きる度に気を揉む必要がある原発は面倒な存在である。国に守られつつ電力自由化とは電力会社に優位だったり不利だったり。国のエネルギー戦略のちぐはぐさがある。

原発は国の責任ですべて廃止し公平な競争原理を働かせて欲しい。